Top
★ オレ耐!
9月くらいに急遽KTMJから発表されたオレ耐。正式名称をKTMオレンジエンデュランスカップ。
KTMのレンタルでRC125を使用し、筑波サーキットコース2000で6時間耐久レースで遊ぼうぜ(ただし平日なのでお前らは有給取れ)というもの。
最初に耐久レースやるよと発表があってからしばらくは詳細が出てこなかったのですが、KTMJのオレ耐事務局さんをtwitterで突っついてたら詳細が発表されたのでした。
注)写真成分ほぼゼロです。写真はtwitterで10/30の私の垢を検索すると、水野ちはる嬢多めで載っております。後で隙を見てサルベージしておきます。

長いと思うので見たい人はこちらをどうぞ



エントリー開始と同時にディーラーに連絡、参加の意思を表明し、ディーラーから何人か集まったらそのメンツで参加という形。個人参加、ディーラーをメンテサポートに指定という形でも参加できるのですが、オフラインな友達で今バイク乗ってる奴居ねぇしな!!!w
ちなみに参加費は1チーム3人5万円。チーム人数がひとり増えるごとに1万円追加。今回ウチのディーラーからは5人で出たので、一人頭1.4万円ほど。レース云々関係なく、この値段で1時間強走れるので、走行会と考えても格安なんじゃないかなと。

参加枠が45枠(レンタル40台、持ち込み5台)のところに、最終的に90以上のエントリーがあったらしく、抽選で参加者を決定とのこと。うちのチームはなんとか当選し、参加の運びとなりました。
参加決定後のエントリーリストを確認したところ、一般エントリー枠とは別枠でKTM招待枠が10枠ほど追加されていた様子。雑誌社大量参加で一般が抽選漏れとか切ないねぇってtwitterで見かけたが、そんなことはなかった様子ですね。(それでも偏りは感じたのでソレは後記)

で、抽選結果発表は実は本番まで2週間を切ったタイミング。そこから、受領書が参加者に発送され、当日は受領書を持って来てね。ということだったのですが、本番終わった今日現在、私の手元には未だに受領書届いておりませんw
2日前になっても受領書が届いていなかったので、twitter経由でKTMJに"なかったら当日どうすんの?"って聞いてみたんですが、なんと、恐らく私の垢と参加者リストのメアドを照合したのでしょう、その日のうちにメールの方で個別に返信頂けました。お手数かけてスイマセン事務局simoさん。

そんなバッタバタありましたが当日。7時にブリーフィングなので4時おきで筑波に向かいます。
うちは筑波近いので3時間前起きとかでも余裕です。
道中とくに事件など無かったので省略。
7時までに受付を済ませないといかんということだったのですが、7時ぎりぎりまでチームメイトが全員揃わなかったのでバタついたりなど。

で、7時。ホームストレートでブリーフィング。
通常のブリーフィング(旗の説明など)に加え、転倒時の対処など。今回レンタル車両ですが、転倒は保証されません。コケたら実費精算です。
通常のサーキット走行では転倒しても怪我と走行不能な破損がなければ走行復帰OKだったりするのですが、今回はレンタル&実費精算なので、万が一コケた場合は都度パドックに戻って、担当ディーラーから破損チェックを受け、直して復帰するか、リタイアするかを選択する仕様です。ついでに、コケた場合はパドックまでコース外を手押しで戻らないといけないとのこと。これは絶対にコケたくありません。
そしてビブスゼッケン。レディースビブスとメンズビブス。初心者注意ゼッケンですね。ともに、これをつけてる奴がコケた際に、他の選手が絡んだ場合、ナニがあろうと他の選手が悪くなるというもの。サーキット走行に不慣れだとラインの取り方やコーナーリングスピードが違うから、周りの人もコーナー中にそういう人に近づくなよという警告です。抜くときもできるだけマージン取って安全な距離で抜きましょうねと。わたしはサーキットは数回走ってるものの、サーキット走行が上手い部類の人間ではないので、ビブスゼッケンを装着。だって怖いもんw
あとは、今回はレースとは銘打っているものの、遊びであるということの念押し。

で、バタバタしたまま8時。練習走行20分。うちのチームは5人なので、一人2週も走ったら時間なくなってしまいました。
練習走行後、ホームストレートに車両整列。ルマン式スタートなので、一回ホームにバイク並べて、反対側からライダーが走ってきて乗車です。
そんなこんなで、整列と写真撮影があって9時スタート。スタートフラッグはちぱる嬢が降ってくださいました。
55台がわーっとスタート。一斉に第一コーナーに侵入…こ、怖すぎる。第一ライダーやらなくてよかった。
さて、レースが開始しました。今回はレンタル車両でイコールコンディションなので、各チームの差は単純にライダーの差ということになります。車両が同じなので、ストレートでどんなに頑張ってもトップスピードは一緒です。よって、抜き差しは必然的にコーナーに集中します。何処までブレーキを我慢して、いかに有利なラインで入って相手より先にコーナーを出るか。これが今回のレースの面白いところでもあるのですが…。
レースは6時間。チームは5人。一人30分で2交代、2回めはちょっと伸ばしたりして調整という形で6時間を戦うことに。私は第4ライダーなので、スタート後1.5時間は出番なしです。ラップとったりちぱるさんを遠巻きに眺めたり。
んであっという間に自分の出番。ビブスゼッケンが出動ですw
で、すぐに分かったこと。ビブス全く意味ねぇ
前述のとおり、イコールコンディションが故にコーナーでのバトルがメインです。遊びだよと言ってKTMが呼びかけてるのに、見たところ半分はガチの人たちです。ビブスは距離を取れとしっかりブリーフィングで言って、だからこそ私もわざわざビブスつけてるのに、おもいっきりイン側ギリギリ刺してフルバンクですよ。こっちはゼッケン付けて安心してますからね、まさか侵入でイン側刺してくると思ってないんですよ、そこをスパーン!って。もうその瞬間ビビるよね。ほんとにサーキット初めてとかだったらヘタしたらあの瞬間にコケるよほんと。世の中にはいるんですよね、人の話聞いてない人が…。その後も普通にイン側をバンバンツッコまれるので、もうコーナーで倒しこんでからビビるよりストレートで先行かせたほうが精神衛生上も安心なので、ブレーキタイミングかなり早くして、後続車は全部前に行かせることに。遊びだからね、順位どうでもいいんだ俺は。チームメイトがどう思ってるか知らんがw
当然、わかってる人はアウト側行ってくれるし、上手い人はアウト側からでも俺なんかよりは全然速いわけだけど、ガチの必死の人たちはもうゼッケンも旗も見ないっすよねw
第2コーナー私が入ったところを外から来た人を、更に外から抜こうとした人がコケて、当然黄旗がでたわけですが、ガチ勢は黄旗(追い抜き禁止)でててもバンバン抜いちゃう。多少我慢しても、グリーンフラッグ見えた瞬間に抜いちゃう。いや、グリーンはポスト過ぎるまで抜いちゃダメだからw
そうこうしてるうちに私の出番一回目終了。

もう長いので続く!続きは後で書く!!!
[PR]
by ssgen | 2015-11-02 17:07 | bike
<< オレ耐!其の弐! 今日のTPP >>



朝から晩まで模型弄ってゲームやってバイクに乗って給料をもらう。そういうものに私はなりたい。
by ssgen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
カテゴリ
daily
bike
games
ぷらもでる
はたけ
親馬鹿
movie
silver
net
news and ather
music
programs
わいは
教習記録
タグ
(26)
(24)
(23)
(6)
(4)
(4)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
最新の記事
シンゴジラ
at 2016-08-01 12:17
DEADPOOLは
at 2016-06-21 12:53
たまにはこっちも書く
at 2016-05-06 17:07
どうしてこうなった![DEA..
at 2016-03-01 19:43
邦題の付け方や日本でのプロモ..
at 2016-02-29 16:24
以前の記事
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
more...
Link
外部リンク
その他のジャンル
といったー
記事ランキング
ブログジャンル